当犬舎では、独自の育成方法で極小豆柴、豆柴等の柴犬をブリーディングしています。

少しでも小さく・軽くではなく、少しでも健全で飼いやすい子犬の育成がモットーです。

 繁殖犬と子犬がいる場所は、東京都葛飾区立石地区です。隣の一般住宅とは、数十センチしか離れておらず、住宅密集地にあります。

 国道6号線(水戸街道)が近く、静粛な住宅街とは言いがたい場所とはいえ、うるさい犬が一頭でもいると他の犬も騒ぎ始めるので、犬が吠えるとご近所に多大なご迷惑をおかけしてしまいます。なので、やたらと無駄吠えするうるさい犬は一頭たりとも置くことが出来ない環境です。必然的に、無駄吠えをしにくい、温厚な犬ばかり残っております。

 一つのエピソードを紹介しましょう。

 あるお客様が当犬舎を見学する際、犬が数十頭いると聞いていたので、犬の吠え声を頼りに建物を特定するつもりだったのですが、建物前まできても、まったく静かだったので探し当てることが出来なかったのです。その後、お電話を頂き、犬舎をご案内できたのですが、その際、「この建物でしたか。先ほど通り過ぎてしまいました。とてもこの建物内に多くの豆柴犬がいるとは思えないですね!」とのお話されていました。


 子犬の性格は、生まれ持った性質もありますが、子育て中の母犬の影響を大きく受けます。大江戸小町の子犬は、両親犬が無駄吠えしない穏やかな犬のため、静かな子犬が多いのが特徴です
 当犬舎のお客様は、都内を始め、関東近郊の方が大半を占めており、都会のマンションでの室内飼い中心です。当然マンション内でも、無駄吠えするうるさい犬は敬遠されるので、当犬舎の子犬は、お客様から大変静かだと好評を得ています。

 また、あるお客様は、お引渡しから半年たっても、一回も「ワン!」と吠えたことがないと嬉しそうにお話されていました(こういう犬はなにか異常な状態を感じたら必要に応じて警戒し、吠えます)
 当犬舎は、上記環境にいる繁殖犬と立地条件による見学しやすさから、都会型向けの犬の犬舎と言えます。

■大江戸小町:犬舎の概観

 

普段の給餌内容

 心身ともに健全な子を育成するには、その後の管理、特に良い食生活が何よりも重要です。食事で体を作るわけですから、そこが良くないと将来的に健全な子の育成は難しくなります

 人間もおいしいものを食べると幸せに感じますね。愛犬も同じです。食事が良いと人間同様、身の心も満たしてくれます。当犬舎は食事内容もこだわっております。

 日本犬の幼犬の栄養バランスは、成犬同様に高タンパク・低脂肪食が良いとされています*。また、犬はその食性から基本的に植物性タンパク質よりも、良質の動物タンパク質をメインに与えるのが望ましいと思います。 勿論、他の素材もお粗末なものではいけません。

*参考文献:愛犬の友編「柴犬<飼い方のすべて>」誠文堂新光社等

■愛犬の理想の食事は

 食品店で入手した人が食べる食材から作ったお肉中心の手作りフードが理想的です。同じメニューを続けるのは良くありません。特にお肉はさまざまなお肉を与えるのが良いと思います。 例:豚、鳥、牛、羊、魚類

 ただ、栄養の偏り、コスト、手間などがかかりますので、誰でもできるというわけではございません。特に骨を過剰摂取すると、栄養の偏りによる疾患が懸念されます。お肉を少なくすると、良い結果が見込めません。お肉だけでもあまり良くありません。

 その結果、ドッグフードというもの、特に保存性に優れたドライフードが出てきて主流になっておりますが、当犬舎が考える安心できる最低限のグレードのドッグフードは、一般のお店にて簡単に入手できないのが実情です。上記の状況から当犬舎では、数多いドッグフードから本質的に優れたドッグフードを選んで与えており、皆さんに紹介しております。とはいえ、ドッグフードはたとえ良いものでも加工品の範疇です。素材の良さ(新鮮さ)は、手作りフードにかないません。当犬舎のすべての子犬は、生のお肉(もちろん人間用)をボイルしたものを与えて育てており、本物のお肉の味を覚えさせて育てます。

■良質な動物性タンパク質
 動物性タンパク質といっても、フードにより素材はピンからキリまであります。ドッグフードの多くは、本来破棄されるべきかす肉(食用不適)から作られているようです。 より良いドッグフードは、人間が食べるに値するお肉から作られています。もちろん、良いお肉から作られたフードのほうがタンパク質の素材としてとても高価になりますが、高い肉食性を示す犬に与える素材として非常に優れています。

 手作りフードの方は、内臓肉の利用もお勧めいたします。肉食の野生動物はハンティングした動物のお腹から食べ始めるように、肉食獣にとって内臓肉はロースなどよりもご馳走になるのです。

■タンパク質以外も重要です
 犬は肉食が強い食性ですが、反面やや雑食でもあるので、お野菜、必要に応じて炭水化物も必要です。それらの素材も破棄するようなもの(副産物)ばかりではなく、人間の食用の食材から作られたものが適切です。海外の主にニュージーランド製の優良フードには、グリーントライプ(草食獣:反芻動物の第四の胃とその内容物、消化酵素も含む)を用いたフードもございます。これは、草食獣が最高に消化した状態の草が主原料なので、植物性のものを消化しにくい肉食獣にとって最高の植物供給源となります。また消化酵素なども含んでおります。野生のライオン等の完全な肉食獣も草食獣の胃腸を喜んで食べることにより、肉食獣をいえど、草食獣が消化した植物を食べているのです。グリーントライプ入りのフードは理にかなったフードです。愛犬も本能的に喜んで食べます(ただ独特のにおいがあります)。

■ドライフードとウェットフード(缶詰)

 ドライフードとウェットフードのどちらもお勧めできる製品もありますが、できればあげて欲しくないものも多くございます。ドライフードは比較的安価で、水分を抜いているので保存性もある程度よく、少量でもカロリーを摂取ことができます。ドライ状態なので、水分が10%位しかはいっていないのがネックです。水分と一緒に与えないと良くないと思います。ウェットフードは開封しなければ保存性は良いのですが、ナチュラルに水分を含んでいる(70%〜80%)以上、開封したら数日で消費しないといけません。またドライフードと比べて見た目よりもカロリーが少ないので、かなり多めにあげないとドライフードと同等のカロリーを摂取することはできません。なので、ドライフードと比べて食費はかかるということです。これは手作りフードも同様です。

 また、当犬舎がお勧めできるフードほど、入手し辛いものです。

 

■ドライフードは強力な添加物を用いている製品ばかりです
 一般的なドライフードは、腐らないように強力な人工添加物を用いております。更に湿気対策としての薬剤も入っている場合があります。ドッグフードは毎日のように与えるので、強い添加物を常に摂取していたら健康面での懸念があります。なるべくナチュラルな添加物(ビタミンCやE、ローズマリー等)で酸化防止をしているだけのフード(無添加系のフード)がお勧めです。ただ、保存料がまったく入っていないフードは、保存が非常に難しいので積極的にお勧めしかねます。当犬舎の犬は、強力な合成保存料不使用(ビタミンCやE、ローズマリー等で酸化防止をしております)のドッグフードが基本です。
 

■無条件に無添加のフードが良いわけではありません
 あまり詳しいことはいえませんが、無添加と書いてあるフードが必ずしも良いというわけではございません。良いフードは原材料にコストを掛けているのですが、原材料が最高級で嗜好性も高く、それでもお求め易くて宣伝ばかりしているフードは都合良すぎます。また愛犬の糞の状態も重要で、乾燥した硬い糞をするフードはお勧めいたしません適度な湿気がある糞をするフードがお勧めです。
 本質的に良いフードほど、宣伝もあまりせずに地味めです。良いフードの範疇でありながら価格が安めのフードは、原材料も最高級とはいえないものを使っておりますが、だから安くできます。
 また、嗜好性が高い=良いフード ではないと思います。嗜好性を高める手段は、添加物などでいくらでも方法があります。

 当犬舎が与えているドッグフードは、やさしくて自然な香りがするフードばかりです。一般の製品と比較してみてください。また、脂も控えめです。反面、入手・保存性はあまりよくなく、条件さえそろえば、短期間で品質劣化するフードです。特に、梅雨場と夏場は要注意です。また、一般の製品と比較して、嗜好性はあまり高くありません。

 

■当犬舎の食生活

  当犬舎で用いているドッグフードは上記を満たすものです。良い食材、強力な合成保存料不使用のフードを複数与えております。

 また、人間の食事と同じように、食事を変えるというのも重要です。いつも同じものはあまりよくありません。良いものでも複数用意して、食事ごとや日替わりで変えると更に良いと思います。


 当犬舎の幼犬は、 母犬に長く一緒にしており(基本的に生後8週前後まで)、母乳で栄養満点にします。当犬舎は市販されている犬の離乳食というのは与えておりません、離乳期からは、からさらなる高品質のタンパク質源として、食用の生の鳥肉(ハツ、レバー 、胸肉等)をボイルしたものを毎日与えており、しっかりお肉の味を覚えさせます。その後、上記条件にあう幼犬用フードを与えています 。 必要に応じて、良質なお肉を主原料とした缶詰も与えております。一回の給餌量は、そのときの体調、運動量、季節等で適当に加減しています。

仔犬のお引き渡し時には、子犬た食べていたドライフードを、2種類サンプルとして1kg以上サービス致します。問題なければ、当犬舎のネットショップでお求めいただけます。1万円以上は送料無料です。お渡ししたドライフード以外のドライフードやウェットフード、良い原材料から作られた良質な犬のおやつ等もご案内しております。

 

 

日常の運動

 常に体力作りを心がけており、運動不足の防止と過度なストレスを貯めないよう気をつけています。

■当犬舎屋上のドッグランで、日光の下、自由に遊びまわる ■たまに稲城市の事務所近くの丘陵地域に行くと大喜び

 柴犬の展覧会上においての日本犬の体型は、四肢を踏ん張ったとき、呼吸の度にあばら骨が浮いて出てくるような無駄な脂肪が付いていなく、「岩肌に和紙を張ったような」筋肉質の体型を良しとしております。軽量級のボクサーのような体型だと理解しております。成犬はその形容が似合うような体型に育てることが理想です(あくまでも理想です。現実には栄養過多による肥満と栄養失調に 、ご注意願います)。

子育て

 生後6〜8週間という長期に渡り、母乳で育てます。その 間に鶏肉や上記ドライフードを与えて離乳するよう配慮しています。母親や兄弟犬と一緒の期間が長いために、仔犬は犬社会の勉強が自然と身に付きます。

■離乳期:仔犬に食べさせるため、食事を吐いて与える母犬 ■離乳後:わざと一つの狭い容器でフードを与え、だらだら食いの習慣をつけない練習

 

★人との交流〜社交性をみにつける

 個体差はありますが、一般的に柴犬(日本犬)は警戒心が強く、簡単に他人に気を許さないとされています。言い換えれば他人に媚をうらないということであり、人によっては大きなメリットです。

 賛否両論あると思いますが、当犬舎の方針としては、幼い頃から可能な限りより多くの人と交流も持たせ(衛生には気をつけて)、過密した人間社会に適合しやすい家庭犬としての子犬を目指しています。

 

戻る